誰でも利用可能|婚活サービスによって費用は変化する|結婚相談所は規模で変わる

誰でも利用可能

メンズとウーマン

若い人よりシニア世代の婚活成功率が高い

先日テレビの番組でシニア世代の結婚活動について紹介がありました。結婚相談所からのコメントで実際に婚活で出会いを求めている世代は20代から60代と幅が広く、40代や50代以上、特に60代以上になると婚約の成功率が若い世代よりも倍近くの数字で成功しているという事でした。理由は若い世代は今後の人生もまだ時間的に余裕があるため、いざ結婚相談所を介して紹介パーティー等へ参加したとしても積極性が少ないそうです。かえって40代、50代以上の方は既にある程度長い人生を経験をしているため、自分の晩年の人生というものをしっかり見据えており、とても積極的に異性同士が交流されている様子が紹介されていました。若い人からすると少々恥ずかしい行動と思われるかもしれませんが、出会いを求めるシニア世代にとってはそんなものは関係なく、はっきり分かる事は若い人よりも幸せになりたいという意思表示がしっかりしているという事です。

老後をどう幸せに過ごせるかが焦点

テレビでシニア世代の交流内容と言っても結局は若い世代と一緒でお互いの趣味を話したり、価値観を確かめたりとそこらへんは年齢なんて関係無くどんどん質問しあっていました。私も一度興味本位で結婚相談所へ行った事がありますが、担当の人から言われる事はとにかく何でもいいから話をしてきっかけを作って行く事、と言っていたのを覚えています。このシニア世代はまさに結婚相談所が言っている内容を有言実行しており、恥ずかしさなど感じさせない堂々とした話し方で会話を楽しんでいました。そのため、恥ずかしがらずに積極的に参加をしていくことをおすすめします。また、結婚相談所では、その人の希望に合わせて理想となるパートナーを紹介してもらえるため、一度相談してみるとよいでしょう。